« 耳とか顔に付けないで、いやーん! | トップページ | アクセス数5000件達成! »

2007年11月17日 (土)

あいのうた 第3話

今日は久しぶりにいい天気でした!

 

ここ最近は雨とか曇りとか腰の痛みとかで

少しへこみ気味でした・・・。だから、なんか

嬉しいです。リセットするには最高な日です

ね・・・。

 

・・・オシム監督が心配です。どうか無事であって

ほしいです。そう願いながら、第3話スタートです。

 

『第3話』

Photo

 

<勝どき橋でのシーン>

一人、たたずんでいる、洋子。

洋子:「・・・」

疲れてる・・・。

洋子:「・・・(ほっと溜め息)・・・ん?」

そんな自分が不思議で。

洋子:「なんで、私、ホッとしてるんだ・・・」

と自問自答。

 

房子に本当のことを打ち明けて少し楽になったと

いう気持ちとこのままの生活を続けていいのだろ

うかという気持ちを交錯させながら、勝どき橋の上

からこれからの自分自身を見つめるという情景が

とてもよく表現されていたと思います。私たちも自分

自身を見つめ直す機会がたまには必要なんですよ

ね・・・。

 

<笑顔のシーン>

房子:「その性格、変えてみたら?なんか積極的になって

    みるとか、笑顔の似合う女になってみるとか」

洋子:「は?・・・」

房子:「(笑顔)スマイル・・・はい、やってみて」

洋子:「ありえないから」

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

洋子:「(頑張りすぎて度を越した笑顔)」

Photo_7

亜希:「気持ちわる」

Photo_8

 

暗い性格の洋子が明るい笑顔の持ち主へと挑戦

するシーンでしたが、ギャップがあまりにも大きす

ぎてかなり強烈なシーンになりましたね(笑)でも、

菅野さん、さすがです!こんな演技できる女優は

めったにいません。やっぱり、すごいよ!

 

<食べ残しのシーン>

Photo_9

洋子:「・・・」

片岡「あいつら、愛ちゃんがせっかく」

と、行こうとする。

洋子:「あ、ちょっとまって」

片岡:「?」

洋子:「いいの・・・いい」

片岡:「でもさ」

Photo_10

洋子:「いい、怒らないで・・・しょうがないし、気使って

    食べるような子供、可愛くないし」

片岡:「そうかもしれないけど・・・」

洋子:「・・・」

立ち上がる、洋子。

 

母親の姿を知らない洋子が子供たちのために必死に

なって頑張る姿が良く表現されていました。食べ残しと

いう厳しい現実には、意外な結末が・・・。

 

<竈でのシーン>

Photo_11

柳沼:「現実から、目を逸らしたって仕方ないじゃ

    ないですか」

房子:「・・・」

柳沼:「そう思いますよね、片岡さん」

Photo_12

片岡:「・・・柳沼さ」

柳沼:「はい」

片岡:「やめとこうか、それは」

Photo_13

柳沼:「え?」

片岡:「・・・逃げられない現実からさ・・・目を逸らしたい時って

    あるんじゃないかな、人間さ」

 

確かに柳沼の言うことはもっともであると思う。しかし、いざ自分

自身が辛い立場に立ったとき、果たしてどうだろうか・・・。相手の

立場になって考えるということは実は本当に難しいことなのだと

最近つくづく感じる・・・。

 

<弁当箱のシーン>

Photo_16

弁当箱を落としてしまい、壊してしまった洋子。

片岡:「・・・(ふっと笑う)」

棚の奥から、別の弁当箱を出して、

片岡:「これ、小さいけど」

洋子:「あ・・・はい」

Photo_17

片岡:「愛ちゃん」

洋子:「?」

片岡:「リラックス」

Photo_18

 

私なんか落ち込んでいる時ってあんまり声を掛けられたく

ない方なんですよね、ひねくれてるから(笑)でも、そういう

人って結構いるんじゃないでしょうか。同情されるのも嫌だ

し、変に気を使われるのもうっとおしい・・・。そんな時の私

でも、こんな片岡さんみたいな人に「リラックス」と言われた

らどうなんだろう・・・。多分、純粋にありがたいと思うんじゃ

ないかな。おそらく、その表情、仕草、口調などから本当に

心配してくれている、愛してるってことが感じ取れるからじゃ

ないのかな。だから、素直に受け入れることができるんじゃ

ないのかな・・・。

 

<警務課でのシーン>

片岡:「ライチの酒って知ってる?」

ももこ:「はい、私も飲みますよ、おいしいですよね」

片岡:「あれうまいよね、うまい店知ってるんだ、俺。

    でも内緒」

みどり:「あの!」

片岡:「行きたい?でも内緒」

みどり:「はぁ?」

片岡:「(微笑)」

 

ここの掛け合い最高です。この間には課長とのやりとりも

入るのですが、これがまた最高。片岡のにじみ出る笑顔も

とても良かったです。

 

<片岡家でのシーン>

Photo_19

片岡:「お前ら、偉いな、全部食べたんだなぁ、旨かったか」

Photo_20

亜希:「お弁当ずっとおいしかったよ」

Photo_21

片岡:「だって、お前ら残してたじゃないかよ」

大  :「おいしかったけど、量多すぎなんだよね、な」

亜希:「うん、だって子供だし、私たち」

片岡:「は」

洋子:「・・・」

片岡:「あららら、なんだ、そうだったのか」

Photo_22

 

・・・と、こういう訳だったんです。爽やかな裏切りですねー(笑)

良かったね、愛ちゃん!

 

続けて・・・

片岡:「ずっと、愛ちゃんのままでもいいんじゃないかな」

洋子:「・・・」

Photo_23

片岡:「だからうちにいなよ」

 

片岡、そして子供たちとの温かいふれあいを通じて

洋子自身、感じることはないであろうと諦めかけてい

た幸せを感じ、感極まる洋子・・・。家族とはこんなに

素晴らしいものなんだと感じたんじゃないかな・・・。

洋子、良かったね!

 

※第3話は他にも散歩のシーンやカフェのシーンなども

 あったんですが、多くなってしまったのでこの辺でやめ

 たいと思います・・・。

|

« 耳とか顔に付けないで、いやーん! | トップページ | アクセス数5000件達成! »

あいのうた」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
洋子さんと片岡さんのやりとりなど
写真入の長いせりふの編成、仕上げるのは
かなり大変だったと思います。
それに対するつるりんさんの感想のコメント
興味深く拝見いたしました。
小説を読んだり、ドラマを見たりして、人生を考える事は
大切でもあり、自分自身の為にもなりますね。

投稿: greentea | 2007年11月18日 (日) 08時34分

>greenteaさん

こんにちは!

ご覧頂きましてありがとうございます。写真の編集が
結構大変なんですよね。でも、やってて楽しいからい
いんですけどね(笑)

日々、成長していきたいものですね!

投稿: つるりん | 2007年11月18日 (日) 12時46分

こんばんは

お弁当・・・愛ちゃんは一生懸命作ってましたね。
私は子供のお弁当苦手でした^^;今だったらもっと可愛く作れるのにって思う。
今はすっかり主人のお弁当だけになりました。20数年ずっと土日以外は毎日作ってます。きっと中身に文句言わない主人が偉いのよ^^*

投稿: K | 2007年11月19日 (月) 20時25分

>Kさん

こんにちは!

20数年ずっと朝早く起きて弁当を作る・・・
本当にすごいことだと思います。Kさん、偉
い!私はまだ母に弁当を作ってもらってい
ますが、文句一つ言わず頑張ってくれてい
ます。当たり前になっちゃってきているので
今度何かお礼でもしようかな(笑)

投稿: つるりん | 2007年11月20日 (火) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453860/8961989

この記事へのトラックバック一覧です: あいのうた 第3話:

« 耳とか顔に付けないで、いやーん! | トップページ | アクセス数5000件達成! »