« 思いを馳せて・・・ | トップページ | 本当にお世話になりました! »

2011年3月21日 (月)

東北地方太平洋沖地震

太平洋三陸沖を震源として発生した最大震度7、

M9.0という世界最大級の地震、東北地方太平

洋沖地震発生から今日で10日が経ちました。

 

この今まで日本が経験したことのない大地震は私

たちからあまりにも多くのものを奪っていきました。

 

とてつもない恐怖に怯え、大津波にのまれていった

数多くの方々や、今現在も避難所で深い悲しみに

覆われている方々のお気持ちを考えると、胸が張り

裂けそうになります。

 

「これからどうやって生きていけばいいのだろう・・・」

 

「生きていて何か意味があるのだろうか・・・」

 

こんな風に絶望で、路頭に迷ってしまうのは当然だ

と思うし、私が逆の立場でもきっとそう思います。

 

特に愛する方々を失ってしまった方はそういう思い

が強いと思います。

 

今は、「落ち込んでいても仕方がないのだから、上を

向いて歩いて下さい」なんて決して言いません。

 

今は涙を流していていいと思います。

 

そしていつか心が少し落ち着いたら、少しずつ、みん

なと、少しずつ、少しずつ歩んでいければいいんだと

思います。

 

少しずつ、少しずつ・・・。

|

« 思いを馳せて・・・ | トップページ | 本当にお世話になりました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思いを馳せて・・・ | トップページ | 本当にお世話になりました! »